カテゴリー
未分類

略式結納のやり方、通常との違いは何?する?しない?は自由?準備をするにはどうすれば良い?

略式結納のやり方はどうするの?通常との違いはいったい何?

結納は正式に執り行う場合もありますが、略式ですませるやり方もあります。正式にやる場合と、略式でやる場合との違いは、仲人がいるかいないかの違いです。

正式な場合は仲人がいるので、昔ながらの礼儀作法を用いた固い結納になりますが、仲人がいない場合は家族だけのものになるので、最近は略式でやる人が増えています。仲人は2人を良く知る共通の知人がいれば良いですが、いない人の方が多いもんです。

私自身も昔のしきたりにこだわりはなかったので、この略式のやり方で結納を経験しました。その進め方ですが、まずは場所をどこにするか決める必要があります。

女性宅で行うケースが多いですが、最近はホテルなどの会場を貸し切ってするケースも増えています。自宅で行う場合には料理の問題や、場所が離れているなど不便な場合があるためです。

また、結納の着る着物の着付けや結納品などをホテルに頼むことができる結納パックがあり、準備が楽なので頼む人が多いです。服装は両家とも準礼装になります。

女性宅で行う場合は、男性側が結納品と結納飾りを前日までに持参します。当日は、男性側が結納金を送り、女性側が結婚記念品を贈ります。

これが一連の流れですが、最近では、食事会だけで済ます略式結納もあります。

結納

結納をする?しない?はそれぞれ自由に決めてよいことです

以前は結婚が決まると結納という儀式をするのが一般的でしたが、現在はそれをしないというカップルが増えてきました。

そもそも結納とは正式に婚約したことを公に認める日本の伝統的な儀式です。古くは男性側から女性側へ着物や帯、酒などを結納品として納めていましたが、現在では結納金として現金を納めるのが一般的です。

また正式な結納では必ず両家を結ぶ仲人が付きますが、略式では仲人のいない場合もあり料亭やレストランなどに両家が集まります。この結納にかかる費用はその式が平均で約10万円、結納金が約100万円となっています。

現在結納を行うカップルは正式・略式を合わせて全体の20%程度です。結納をするかわりとして両家の顔合わせの食事会を行うカップルは70%を越えています。

結納をするかしないかは先ず二人で考えて決め、その上でお互いの両親にも相談することが必要です。地域によっては行うことが当然とされている所もあります。

また両家の親の考え方が異なるという場合もあります。大切なことは結婚する自分たちが主体であるということを心に置きつつ、反対する意見をむげに否定したり、説得したりしないことです。

相手の意見にしっかり耳を傾け、その上でお互いが納得できる方法を見つけることが肝心です。

結納金

結納の準備をするにはどのようにしたら良いのでしょうか?

結納の準備をするには、まずどのような方法で行うかを決める必要があります。

時代の移り変わりに従って現代での結納の仕方は変化していますが、地域によっては昔と変わらないようなしきたりがあり、それに合わせた方法で行われていることもあるものです。しかし一方では、結婚式場やホテルで用意された結納向けのサービスを利用する場合も増えています。

それぞれの家や地方によって考え方には違いがあり、両家それぞれによってしきたりが違うこともあるでしょう。このようなことから、まずはどのような方法でするかを決めます。

そして日時と場所を決めるほか、仲人を立てるかどうかも決めなくてはなりません。さらに結納品の数や家族書の交換のしかた、結納金についても決める必要があります。

結納品の数は正式な場合には9品ですが、略式の場合には品数が少なくなります。また家族書は両家の家族の名前と続柄を書き入れたもので、結納の際に交換するのが特徴です。

結納金の相場は100万円ですが、本人同士で準備をする場合は半額程度が相場となっています。これらを決めるとともにさらに、婚約記念品や結納返しについても相談しておきましょう。

これらの準備をするほか、式場で結納をする場合は会場の予約も必要です。