カテゴリー
未分類

婚約の大切な儀式 結納を行うのにおすすめの場所は?相場はどれくらい?手土産は必要?品物の選び方や渡し方は?

婚約の大切な儀式 結納を行うのにおすすめの場所はどこ?

結婚が決まったら婚約の儀式として、結納をされる方も少なくないでしょう。結納には大きく分けると正式結納と略式結納の2つの形式があり、正式で行う場合は必ず仲人を付けます。

場所は基本的に男性の家か女性の家で行われ、仲人が双方の家を行き来して結納品などを運びます。略式では仲人を立てることもありますが、全員が同じ場所に集まって結納品の受け渡しなどを行います。

最近では略式で行われることが多く、結納をする場所も選択肢が増えて昔ながらの堅苦しいものではなく気軽に行えるものになってきました。略式結納を行う場所として一番おすすめなのは、結婚式場も入っているホテルです。

結納プランなどホテルが用意してくれるところもあるので、知識がなくて不安な方でも安心して行うことができます。ホテルの他には、親族で集まることになるのでそのまま顔合わせや食事会ができる料亭も人気があります。

お互いの実家が離れている方など、せっかく遠くから来てもらうなら美味しい地元の料理も味わっていただきたいと料亭を選ぶ方もいます。そして、結納の場所として昔から多くの方が選ばれるのが花嫁の家です。

最近では形式にとらわれず祖父母や甥や姪なども参加して、アットホームな雰囲気で行われることが多いようです。

結納

結納金の相場はどれくらい?定番とされている金額は?

結納とは新郎新婦が正式に結婚することを約束する物で、日本独自の制度といえます。

男性側から女性側に贈られることが多い結納金は、一般的にどれくらいでしょうか。最も定番とされているのは一包みという言葉もある、100万円です。

切りの良い数字としてちょうどよいとして、贈られることが多いといいます。また、縁起が良いとされているのは50万円や70万円といった奇数のつく数字や、末広がりとして知られる80万円です。

基本的に男性側が決めることであり、女性側が口を出すことは失礼にあたります。平均相場を参考にして包むことで、相手に失礼にならないような結納金となるでしょう。

また、地域によっても相場は異なり、全国的には90万円前後ですが、北海道や東北、南関東などは100万円を超えることが多いです。それ以外では四国も100万円を超えるのが相場となっています。

反対に相場よりも大幅に低いのが北関東で、50万円前後です。それ以外では石川、富山なども70万円弱となっており、これらの地域では相場よりも低い金額で包むこととなります。

ただし、男性側の年収や家ごとの考え方、地域の風習によって多少異なりますので、不安な時は周囲の人の意見と平均相場を参考にして包んでください。

手土産

結納の手土産は必要?品物の選び方や渡し方に決まりはある?

婚約が決まった時に行われる結納は、両家が正式に顔を合わせる伝統的な行事のひとつです。

結納は男性が女性に婚約の約束をし、女性とその家族にお酒や着物を贈るもので、現在では贈り物を現金の形で渡す場合もあります。以前は男性が女性の家を訪ねて行われていましたが、最近ではレストランや料亭で行う場合もあります。

結納でやり取りする物品にはいくつかの種類があり、男性側が結納の証として準備する金品、女性側がお礼として準備する食事や引き出物、そして男性側が用意する手土産です。結納で贈り物をするため男性側の手土産は不要に思えますが、一般的な挨拶の礼儀の一環として準備しましょう。

結納の手土産は女性側の用意する引き出物とのバランスを考える必要があり、相場は3,000円から5,000円とされています。品物は縁起の良い物や日持ちのするものが好ましく、お清めや厄除けの意味を持つお酒や小豆を使った最中などのお菓子がおすすめです。

お酒にするなら清酒を選び、2本で対になるように贈るのが正式です。手渡すタイミングは着席する前が最善で、熨斗をかけている場合は相手の名前が見える様に手渡します。

着席の時に渡せなかった時は、買いがお開きになった後で手渡しましょう。