カテゴリー
未分類

結婚するときに玉の輿と言われた場合の意味とは?具体的にどうすればいいの?どれくらいの年収なのでしょうか?

結婚するときにあなたが玉の輿と言われた場合の意味とは?

職場の同僚や幼なじみなど、結婚する相手は色々なところで出会うものです。その際に、職場や出身校が同じだと似たような学歴や収入になるのが一般的です。

男女で働き方が違っても、生活レベルがあまりに異なるということは珍しいでしょう。しかし、出会い方によっては学歴や収入が全く異なる相手同士が結婚することも珍しくありません。

例えば、御伽噺のようにごく普通の平民の娘が貴族や王家に嫁ぐようなイメージです。あなた自身の収入だけでなく、実家の資産も含めて格差がある場合は格差婚と呼ばれることがあります。

その場合、例えばあなたの方が収入や資産が低い場合は玉の輿と呼ばれます。本来の意味は、貴人の乗る美しく立派な輿という意味です。

結婚という場面では、女性が収入と資産がある金持ちの男性に嫁ぐ際に玉の輿という言葉が使われます。男性の実家に住むすまない関係なしに、結婚によって裕福な立場になる際に使われる言葉です。

意識していなくても周りから言われた時は、周囲に収入などの差があると思われている証拠です。他にも学歴が大きく違うときにも、同じような目で見られることが珍しくありません。

逆に男性が、女性と結婚して裕福になる時は逆玉と呼ばれます。

Rich

玉の輿に乗るには具体的にどうすればいいのでしょうか?

玉の輿に乗るには具体的に何をどうすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

最初のハードルはどうやって出会うかということです。玉の輿婚を実現した女性に夫との出会いの場を尋ねたアンケートによれば、1位は友人の紹介、2位は職場、3位は学校でした。

以下、婚活パーティー、友人の結婚式と続きます。まずは自分の周囲の男性を再点検してみましょう。

学生時代の友人にも対象になる人がいるかもしれません。学生時代はパッとしなくても、社会に出てからハイスペックな男性に成長した例も少なくないからです。

私の知人にも、若い頃は目立たず平凡だったのに、後に高級官僚になった人がいます。探してみたけどやはり周囲には見つからない場合は、結婚相談所への登録や、富裕層限定の婚活パーティへの参加をお勧めします。

ハイスペックな男性は仕事が多忙だったり職場に女性が少ないなどで、出会いを求めていることが多いものです。出会った後はあなたの努力次第ですが、どうすればいいのかそこでまた悩む人も多いでしょう。

実は玉の輿に乗れる女性の特徴は概ね決まっています。常識やマナーをきちんとわきまえていること、控えめであること、身だしなみがきちんとしていること、またこれが一番大切ですが、男性を立てることができる人です。

結婚

玉の輿といえる男性はどれくらいの年収なのでしょうか?

女性によって価値観が異なりますが、玉の輿といえる男性の年収は1000万円と回答する女性が多いです。OLとして働く女性の場合、自分よりも収入が高い男性をイメージしたときに1000万円が玉の輿になると考える方もいます。

社会で活躍する女性の中には、自分自身が年収1000万円でそれ以上の男性を求める方も多く、2000万円や3000万円クラスの男性をイメージする場合もあります。玉の輿の男性の職業は社長をイメージする方も多いですが、今の時代はさまざまな職業があり、社長でなくても1000万円以上稼ぐ方はたくさんいます。

会社員の方でも出世して管理職となることで年収1000万円になるケースもあります。昔は医者や社長など、玉の輿に乗れる男性の職業のイメージが決まっており、医者が多く集まる合コンに参加する方もたくさんいました。

今の時代は個人で仕事をする方も多く、年収1000万円以上稼ぐ若い世代も多いため、将来性のあるパートナーを見つけることをおすすめします。今後は不景気になり大企業の正社員もリストラの可能性があるため、ベンチャー企業の経営者やフリーランスで活躍する方にも注目をしながら、玉の輿に乗れるチャンスを作ることも大切です。