カテゴリー
未分類

婚約の大切な儀式 結納を行うのにおすすめの場所は?相場はどれくらい?手土産は必要?品物の選び方や渡し方は?

婚約の大切な儀式 結納を行うのにおすすめの場所はどこ?

結婚が決まったら婚約の儀式として、結納をされる方も少なくないでしょう。結納には大きく分けると正式結納と略式結納の2つの形式があり、正式で行う場合は必ず仲人を付けます。

場所は基本的に男性の家か女性の家で行われ、仲人が双方の家を行き来して結納品などを運びます。略式では仲人を立てることもありますが、全員が同じ場所に集まって結納品の受け渡しなどを行います。

最近では略式で行われることが多く、結納をする場所も選択肢が増えて昔ながらの堅苦しいものではなく気軽に行えるものになってきました。略式結納を行う場所として一番おすすめなのは、結婚式場も入っているホテルです。

結納プランなどホテルが用意してくれるところもあるので、知識がなくて不安な方でも安心して行うことができます。ホテルの他には、親族で集まることになるのでそのまま顔合わせや食事会ができる料亭も人気があります。

お互いの実家が離れている方など、せっかく遠くから来てもらうなら美味しい地元の料理も味わっていただきたいと料亭を選ぶ方もいます。そして、結納の場所として昔から多くの方が選ばれるのが花嫁の家です。

最近では形式にとらわれず祖父母や甥や姪なども参加して、アットホームな雰囲気で行われることが多いようです。

結納

結納金の相場はどれくらい?定番とされている金額は?

結納とは新郎新婦が正式に結婚することを約束する物で、日本独自の制度といえます。

男性側から女性側に贈られることが多い結納金は、一般的にどれくらいでしょうか。最も定番とされているのは一包みという言葉もある、100万円です。

切りの良い数字としてちょうどよいとして、贈られることが多いといいます。また、縁起が良いとされているのは50万円や70万円といった奇数のつく数字や、末広がりとして知られる80万円です。

基本的に男性側が決めることであり、女性側が口を出すことは失礼にあたります。平均相場を参考にして包むことで、相手に失礼にならないような結納金となるでしょう。

また、地域によっても相場は異なり、全国的には90万円前後ですが、北海道や東北、南関東などは100万円を超えることが多いです。それ以外では四国も100万円を超えるのが相場となっています。

反対に相場よりも大幅に低いのが北関東で、50万円前後です。それ以外では石川、富山なども70万円弱となっており、これらの地域では相場よりも低い金額で包むこととなります。

ただし、男性側の年収や家ごとの考え方、地域の風習によって多少異なりますので、不安な時は周囲の人の意見と平均相場を参考にして包んでください。

手土産

結納の手土産は必要?品物の選び方や渡し方に決まりはある?

婚約が決まった時に行われる結納は、両家が正式に顔を合わせる伝統的な行事のひとつです。

結納は男性が女性に婚約の約束をし、女性とその家族にお酒や着物を贈るもので、現在では贈り物を現金の形で渡す場合もあります。以前は男性が女性の家を訪ねて行われていましたが、最近ではレストランや料亭で行う場合もあります。

結納でやり取りする物品にはいくつかの種類があり、男性側が結納の証として準備する金品、女性側がお礼として準備する食事や引き出物、そして男性側が用意する手土産です。結納で贈り物をするため男性側の手土産は不要に思えますが、一般的な挨拶の礼儀の一環として準備しましょう。

結納の手土産は女性側の用意する引き出物とのバランスを考える必要があり、相場は3,000円から5,000円とされています。品物は縁起の良い物や日持ちのするものが好ましく、お清めや厄除けの意味を持つお酒や小豆を使った最中などのお菓子がおすすめです。

お酒にするなら清酒を選び、2本で対になるように贈るのが正式です。手渡すタイミングは着席する前が最善で、熨斗をかけている場合は相手の名前が見える様に手渡します。

着席の時に渡せなかった時は、買いがお開きになった後で手渡しましょう。

カテゴリー
未分類

結婚するときに玉の輿と言われた場合の意味とは?具体的にどうすればいいの?どれくらいの年収なのでしょうか?

結婚するときにあなたが玉の輿と言われた場合の意味とは?

職場の同僚や幼なじみなど、結婚する相手は色々なところで出会うものです。その際に、職場や出身校が同じだと似たような学歴や収入になるのが一般的です。

男女で働き方が違っても、生活レベルがあまりに異なるということは珍しいでしょう。しかし、出会い方によっては学歴や収入が全く異なる相手同士が結婚することも珍しくありません。

例えば、御伽噺のようにごく普通の平民の娘が貴族や王家に嫁ぐようなイメージです。あなた自身の収入だけでなく、実家の資産も含めて格差がある場合は格差婚と呼ばれることがあります。

その場合、例えばあなたの方が収入や資産が低い場合は玉の輿と呼ばれます。本来の意味は、貴人の乗る美しく立派な輿という意味です。

結婚という場面では、女性が収入と資産がある金持ちの男性に嫁ぐ際に玉の輿という言葉が使われます。男性の実家に住むすまない関係なしに、結婚によって裕福な立場になる際に使われる言葉です。

意識していなくても周りから言われた時は、周囲に収入などの差があると思われている証拠です。他にも学歴が大きく違うときにも、同じような目で見られることが珍しくありません。

逆に男性が、女性と結婚して裕福になる時は逆玉と呼ばれます。

Rich

玉の輿に乗るには具体的にどうすればいいのでしょうか?

玉の輿に乗るには具体的に何をどうすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

最初のハードルはどうやって出会うかということです。玉の輿婚を実現した女性に夫との出会いの場を尋ねたアンケートによれば、1位は友人の紹介、2位は職場、3位は学校でした。

以下、婚活パーティー、友人の結婚式と続きます。まずは自分の周囲の男性を再点検してみましょう。

学生時代の友人にも対象になる人がいるかもしれません。学生時代はパッとしなくても、社会に出てからハイスペックな男性に成長した例も少なくないからです。

私の知人にも、若い頃は目立たず平凡だったのに、後に高級官僚になった人がいます。探してみたけどやはり周囲には見つからない場合は、結婚相談所への登録や、富裕層限定の婚活パーティへの参加をお勧めします。

ハイスペックな男性は仕事が多忙だったり職場に女性が少ないなどで、出会いを求めていることが多いものです。出会った後はあなたの努力次第ですが、どうすればいいのかそこでまた悩む人も多いでしょう。

実は玉の輿に乗れる女性の特徴は概ね決まっています。常識やマナーをきちんとわきまえていること、控えめであること、身だしなみがきちんとしていること、またこれが一番大切ですが、男性を立てることができる人です。

結婚

玉の輿といえる男性はどれくらいの年収なのでしょうか?

女性によって価値観が異なりますが、玉の輿といえる男性の年収は1000万円と回答する女性が多いです。OLとして働く女性の場合、自分よりも収入が高い男性をイメージしたときに1000万円が玉の輿になると考える方もいます。

社会で活躍する女性の中には、自分自身が年収1000万円でそれ以上の男性を求める方も多く、2000万円や3000万円クラスの男性をイメージする場合もあります。玉の輿の男性の職業は社長をイメージする方も多いですが、今の時代はさまざまな職業があり、社長でなくても1000万円以上稼ぐ方はたくさんいます。

会社員の方でも出世して管理職となることで年収1000万円になるケースもあります。昔は医者や社長など、玉の輿に乗れる男性の職業のイメージが決まっており、医者が多く集まる合コンに参加する方もたくさんいました。

今の時代は個人で仕事をする方も多く、年収1000万円以上稼ぐ若い世代も多いため、将来性のあるパートナーを見つけることをおすすめします。今後は不景気になり大企業の正社員もリストラの可能性があるため、ベンチャー企業の経営者やフリーランスで活躍する方にも注目をしながら、玉の輿に乗れるチャンスを作ることも大切です。