カテゴリー
未分類

誰もが一度は耳にしたことのある「重婚」の意味とは?事実婚との違い、重婚が可能な国はない?

誰もが一度は耳にしたことのある「重婚」の意味とは?

重婚は、特定の配偶者がすでにいる状態で重ねて結婚することを意味します。そんな重婚が法律上問題なく行える国も世界を見渡すと数多くあります。

一方で、日本では1人の人が複数のパートナーと同時に結婚することは法律上許可されていません。具体的には、民法でも明確にその行為を禁止する規定が記載されています。

第732条において「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」とされています。また、刑法でも第184条において「配偶者のある者が重ねて婚姻をしたときは、2年以下の懲役に処する。その相手方となって婚姻をした者も、同様とする。」とされている点には注意が必要です。なお、このように一般的な意味での「重婚」が法律上禁止されている日本において書類上重婚することはまず実現不可能です。

しかし、法律上を婚姻関係にある配偶者がいながらして並行して内縁の状態にある男女を意味する「重婚的内縁」は数多く存在します。ただし、この重婚的内縁も法律で禁止された行為に該当するので法律上の保護を受けることは基本的にできません。

しかし、法律婚側が破綻状態にあり一定の要件を満たしている場合には保護を受けられる例外も存在します。

婚姻

重婚って何?事実婚についても詳しく聞いてもいいですか?

重婚とは、もう既に配偶者がいる人が他の人との結婚を重ねて行うことです。

日本法では、重婚は民法の732条で、配偶者がある場合には、重ねての結婚はできないとされているようです。そして、重婚は不適法な婚姻であるとし、取り消しうるものであると744条に書かれています。

そして、結局は本条の立法趣旨が一夫一婦制であって、実質上の一夫一婦制を目指すものとされるのだそうです。しかし、本条の重婚は法律婚が重なり、成立する場合に限られます。

法律上の婚姻と内縁とも言える事実婚の重なりは本条で禁止される重婚とは違うとされているのだそうです。事実婚とは、結婚の世俗化であるとも言われています。

日本に於いては届け出により、民法739条で法律婚主義が行われています。配偶者のいる人が重複して婚姻届けを出し、戸籍事務処理の上で間違いを生じ、受理された場合などと一際例外的に生じるに過ぎないとされているでしょう。

重婚が生じる機会の例としては、例えば戸籍事務上の間違いで二重に届け出を受理された時です。他に、後婚の成立の後に、前婚の離婚が無効か、若しくは取り消しをされた時でしょう。

失踪宣告を受けた人の配偶者が再婚した後に、失踪宣言が取り消された時にもそうと言えるでしょう。

モロッコ

一夫多妻制が残っているなど重婚が可能な国はあまりない?

日本では重婚は認められていませんが、世界にはそれが可能な国が意外とあります。

一夫多妻制を導入している重婚が可能な国はアフリカ諸国に多く、特に西アフリカでよく見られます。ナイジェリア・コートジボワール・ガーナ・ブルキナファソ・マリ・セネガルといった国々です。

それからアフリカ諸国の中では、タンザニア・ウガンダ・ケニア・ザンビア・エチオピア・ジンバブエ・モロッコ等も重婚が可能な国になります。なぜアフリカ諸国で重婚が認められているのでしょうか。

その理由は、アフリカ大陸の歴史にあります。アフリカ大陸にはイスラム教を信仰している国が多いのですが、イスラム帝国時代には多数の戦争が起こったので未亡人も多くなりました。

イスラム教では女性が人前に出て働くことは良しとされないので、経済的に困窮してしまいます。そこで困っている女性を扶助するという目的で、戦争で生き残った男性が多くの妻を娶るようになったのです。

アフリカ諸国の中でもキリスト教を信仰している人が多い国では、一夫多妻制は導入されていません。同じ一夫多妻制でも、妻の人数に制限が設けられている国もあります。

また、第一夫人の許可が得られないと、第二夫人を娶ることができないとしている国もあるようです。