カテゴリー
未分類

玉の輿に乗りそうな人はどんなタイプ?結婚相手はどのような職業の人?失敗してしまうのはどんな人?

玉の輿に乗りそうな人はどんなタイプがいるのでしょうか?

玉の輿に乗りそうな人は大きく分けて2つタイプがいます。1つ目のタイプはあまりお金に執着していない人です。

結婚後の安定を考えて、高収入のパートナーを見つけられるように婚活に力を入れる方も多いですが、収入の条件にこだわりすぎると相手に伝わってしまう恐れがあります。お金にあまり執着していない人は、楽しい家庭となるように笑顔が素敵で話が合う人を見つけたいなど、人柄に注目しながらパートナーを選ぶ方が多いです。

お金持ちの人はお金目当てで近づいてくる人に敏感に反応して、すぐに気づくことがあります。セレブな男性の中には、庶民派の女性を好きになるケースも多いため、相手を楽しませようと頑張って話を盛り上げることも重要になります。

2つ目のタイプは、肉食系で積極的にアピールする女性です。セレブな男性はやはり女性に人気が高く、競争率も高くなってしまいます。

ライバルが多く、自分には無理だとあきらめてしまうと、ネガティブな感情になり、チャンスが減ります。ポジティブな考え方で婚活を進める肉食系は失敗しても気持ちを切り替えて、次の恋愛を前向きな気持ちで楽しむ方も多いです。

押しに弱い男性もいるため、積極的にアピールをすることができる方は玉の輿に乗りそうな人です。

ディナー

玉の輿と呼べる結婚相手はどのような職業の人になりますか?

玉の輿と呼べる結婚相手の職業は、年収が高く社会的なステータスがある職業になります。

医者や弁護士、パイロットは昔から女性が憧れる男性の職業です。最近はリッチなIT起業家も玉の輿婚の対象になります。

医者は社会的な地位が高く、地域の人々から尊敬されています。専門職なので不況にも強く、年収も高いので結婚後も安定した生活を送れます。

代々医者の家系だと持ち家率も上がり、別荘を持っている医者も多いです。弁護士も高収入のイメージが強く、社会的なステータスは医者と同じくらいあります。

業界のスーパーエリートと呼ばれている渉外弁護士だと、新人でも年収が1000万円以上です。パイロットも医師や弁護士と同じく、平均年収が1000万円以上あります。

パイロットは狭き門で、高いハードルを乗り越えた人だけがパイロットになれます。パイロットもサラリーマンですが、サラリーマンの中では最高クラスの年収が期待できます。

一代で億万長者になる人が多い業界といえばIT業界です。欧米でもアジアでも有名なIT長者が次々と誕生しています。

新しい会社を立ち上げて上手く波に乗って成功すれば、短期間で大金持ちになれるチャンスがあります。IT起業家はメディアにも頻繁に登場するため、比較的簡単にセレブの仲間入りができます。

玉の輿に失敗してしまうのはどんな人?どのような場合?

女性が生まれ育った家庭とはかけ離れた裕福な男性と結婚することを玉の輿に乗ると言います。玉の輿に憧れている女性は少なくないようですが、裕福な男性と結婚できても結婚生活が失敗に終わったり、苦労の連続だったりすることは珍しくないのです。

どういった失敗があるかというと、先ず女性が結婚相手となる男性の裕福な点だけしか診ておらず、相手の性格や自分との相性を考えていなかった場合です。結婚は生活を共にすることなので、一緒に暮らせないような人だと早々に性格の不一致で破綻してしまいます。

次に女性が容姿端麗なだけで、勉強や仕事、家事が苦手な人です。最初は男性も女性の美しさに魅了されていますが、毎日顔を見ているとその美しさにも慣れてきます。

そして美貌を除けば他の女性に劣ると判断されてしまうのです。その他には女性の育った家庭環境が貧しかったり複雑であったりする場合も、結婚生活を続けていくうちにお互い乗り越えられない価値観の違いが露わになることもあります。

また贅沢な暮らしをすることに執着している女性や、自分中心にしか物事を考えられない人も男性から愛想をつかされる可能性があります。玉の輿が成功するのは先ず相手を一人の人間としてとらえ、その人と自然な気持ちで一緒にいることができるかどうかを考えてみることが大切です。

カテゴリー
未分類

誰もが一度は耳にしたことのある「重婚」の意味とは?事実婚との違い、重婚が可能な国はない?

誰もが一度は耳にしたことのある「重婚」の意味とは?

重婚は、特定の配偶者がすでにいる状態で重ねて結婚することを意味します。そんな重婚が法律上問題なく行える国も世界を見渡すと数多くあります。

一方で、日本では1人の人が複数のパートナーと同時に結婚することは法律上許可されていません。具体的には、民法でも明確にその行為を禁止する規定が記載されています。

第732条において「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」とされています。また、刑法でも第184条において「配偶者のある者が重ねて婚姻をしたときは、2年以下の懲役に処する。その相手方となって婚姻をした者も、同様とする。」とされている点には注意が必要です。なお、このように一般的な意味での「重婚」が法律上禁止されている日本において書類上重婚することはまず実現不可能です。

しかし、法律上を婚姻関係にある配偶者がいながらして並行して内縁の状態にある男女を意味する「重婚的内縁」は数多く存在します。ただし、この重婚的内縁も法律で禁止された行為に該当するので法律上の保護を受けることは基本的にできません。

しかし、法律婚側が破綻状態にあり一定の要件を満たしている場合には保護を受けられる例外も存在します。

婚姻

重婚って何?事実婚についても詳しく聞いてもいいですか?

重婚とは、もう既に配偶者がいる人が他の人との結婚を重ねて行うことです。

日本法では、重婚は民法の732条で、配偶者がある場合には、重ねての結婚はできないとされているようです。そして、重婚は不適法な婚姻であるとし、取り消しうるものであると744条に書かれています。

そして、結局は本条の立法趣旨が一夫一婦制であって、実質上の一夫一婦制を目指すものとされるのだそうです。しかし、本条の重婚は法律婚が重なり、成立する場合に限られます。

法律上の婚姻と内縁とも言える事実婚の重なりは本条で禁止される重婚とは違うとされているのだそうです。事実婚とは、結婚の世俗化であるとも言われています。

日本に於いては届け出により、民法739条で法律婚主義が行われています。配偶者のいる人が重複して婚姻届けを出し、戸籍事務処理の上で間違いを生じ、受理された場合などと一際例外的に生じるに過ぎないとされているでしょう。

重婚が生じる機会の例としては、例えば戸籍事務上の間違いで二重に届け出を受理された時です。他に、後婚の成立の後に、前婚の離婚が無効か、若しくは取り消しをされた時でしょう。

失踪宣告を受けた人の配偶者が再婚した後に、失踪宣言が取り消された時にもそうと言えるでしょう。

モロッコ

一夫多妻制が残っているなど重婚が可能な国はあまりない?

日本では重婚は認められていませんが、世界にはそれが可能な国が意外とあります。

一夫多妻制を導入している重婚が可能な国はアフリカ諸国に多く、特に西アフリカでよく見られます。ナイジェリア・コートジボワール・ガーナ・ブルキナファソ・マリ・セネガルといった国々です。

それからアフリカ諸国の中では、タンザニア・ウガンダ・ケニア・ザンビア・エチオピア・ジンバブエ・モロッコ等も重婚が可能な国になります。なぜアフリカ諸国で重婚が認められているのでしょうか。

その理由は、アフリカ大陸の歴史にあります。アフリカ大陸にはイスラム教を信仰している国が多いのですが、イスラム帝国時代には多数の戦争が起こったので未亡人も多くなりました。

イスラム教では女性が人前に出て働くことは良しとされないので、経済的に困窮してしまいます。そこで困っている女性を扶助するという目的で、戦争で生き残った男性が多くの妻を娶るようになったのです。

アフリカ諸国の中でもキリスト教を信仰している人が多い国では、一夫多妻制は導入されていません。同じ一夫多妻制でも、妻の人数に制限が設けられている国もあります。

また、第一夫人の許可が得られないと、第二夫人を娶ることができないとしている国もあるようです。