カテゴリー
未分類

重婚が禁止されている理由は?犯罪にあたるのか?日本国内で禁止されている理由

重婚が禁止されている理由はどのようなものでしょうか?

重婚が禁止されている理由は単刀直入にいうと法律で禁じられているからです。日本では、刑法で配偶者のいるものが重ねて婚姻をする「重婚」が禁止されています。重婚の禁止は、日本の法律に基づくもので、配偶者のいるものが重ねて婚姻をすると、2年以下の懲役が科されますが、民法で重ねての婚姻は禁じられているため、実際に重婚をすることは不可能で罰せられることはありません。日本で重婚が禁じられている理由は、日本では「一夫多妻制」が認められていないということが挙げられます。

重婚が認められれば、1人の男性に複数の女性が集まるなどとして、既婚者の割合のバランスが取れなくなるわけです。そして、重婚で複数の子供を授かった場合に、教育費を用意することは大変困難になります。

男性に複数の妻がいて、それぞれの妻が子どもを産んだら、男性は複数の子どもの父親となるため、相当余裕のある経済力を持っていなければ複数の子どもに満足な生活をさせてあげることは不可能と言えます。このような状態になって貧しい生活をおくらなければならないとするとメリットはないですし、日本人の収入からみても大変厳しいということがわかります。

日本での重婚が禁止されている理由は、上記の点から考えてリスクが大きいからだと言えるでしょう。

結婚

重婚とは犯罪にあたるのか?日本や世界の国について調べてみました

重婚とは、配偶者のある人が別の人間と結婚することを指す単語です。

日本ではご存じの通り禁止されています。実は、刑法で重婚罪というのがあり、複数の人と同時に結婚状態を維持するのは日本では犯罪になってしまいます。

日本における結婚は一夫一妻制をもとに制度が作られているからです。では、世界に目を向けるとどうなるのでしょうか?実は一部の国では重婚が許可されている国があります。

例えばブルキナファソやエジプトなどのアフリカ、中東の国々に多くあります。特に中東の国々では、イスラム教により重婚が認められているのです。

男性は4人までは結婚することができるのです。もっとも、重婚が認められている国でも、複数の女性と婚約状況を維持するには多額の費用が掛かるため、一部の豪族を除いて重婚はそこまで行われていないようです。

では、アメリカやヨーロッパはどうなのでしょうか?これらの国は日本と同じく重婚は犯罪となっています。これは宗教的な背景もありますが、社会的に安定していて男女比がある程度均等になっているというのも理由です。

重婚を認めている国では、男性が少ないため仕方なく認めているというところもあります。このように、日本や欧米では禁止されている重婚ですが、世界に目を向けると意外にも問題ないところもあるのです。

婚姻届

日本国内で重婚が禁止されている理由とは何でしょうか?

現在日本で重婚が禁止されています。実際に配偶者がいるにもかかわらず、他の人と婚姻関係を結んでしまうと2年以下の懲役が科される恐れがあります。

では何故禁止されているかというと、色々と理由があるからです。まず少子化がますます進んでしまう恐れがあるからという点が挙げられます。

重婚を合法にすると、確かにモテる男性や経済力のある男性は沢山の女性と結婚し子供を沢山作る事が出来ますが、逆にそうでない男性は溢れてしまい、むしろ総合的にみると子供の数は減ってしまう可能性が高いです。また経済力がないにもかかわらず重婚してしまい、子供が沢山生まれると、その子供達を養う経済力が足りなくなり、しっかりと育てられなくなるからという点もあります。

非常にモテる男性があちこちで子供を作った結果、全ての子供を養えず学校にも通わせられなくなってしまったら大変です。他にもただ結婚出来ない男性が増えてしまい大変だからとか、きちんと教育を受けられない子供が増えてしまうからという社会的な問題からではなく、単純に一夫一婦制という現在存在する婚姻法を守りたいからという理由もあります。

どちらにしても、日本で重婚が合法化される可能性は今後もよほど国を揺るがせる何かがなければ、それほど高くない事は間違いありません。